HOME > 塗料のフリマ > 問い合わせ例:壁の塗装

問い合わせ例:壁の塗装

マスキングのポイントって何でしょう?
ビニール袋・ガムテープなどを使えば簡単にできると思ってましたが、
やはりそれなりの準備でないと後悔する事になりそうでしょうか?

下地の壁は小さな凹凸がある感じですが、そのまま塗って大丈夫そうでしょうか?
あと、吸水の程度はどのように調べれば間違いないでしょう?

当社 職人さより

マスキングテープっていうの(普通のガムテとかよりも若干粘着力弱めできれいにはがれる)と
大きいビニールシート巻き(ゴミ袋を裂いても代用可能)を使います。
床とか幅木(足元にぐるりとついている10cm位の木or合板)とか
サッシュなどペンキが飛び散って困るところ、
塗りたくないところは保護すると仕上がりが綺麗に見えます。
隣の部屋との境目とか結構飛び散ったりするので。

ガムテープはきれいにはがれないのでおすすめしません。
布テなら代用できるかも・・・という程度ですが、
粘着力が強いので貼ったところの塗料がはげたり、
ネチョネチョが残ったりする可能性があるので目立たないところで試した方が無難です。

現在の壁の吸水性は『コンクリートにペンキを塗っただけ』であればほぼないと思います。
築25年ならコンクリートは十分水を吸ってます。
ただ凹凸っていうのが気になりますね。
もしかしてペンキじゃなくて壁紙なのでしょうか?
壁紙だと『壁紙にも塗れる!』と書いてあるペンキを使えばOKですね。
砂壁じゃなければそんなに吸わないと思いますよ。

また現状の色と今から塗ろうとする色の濃淡も考えた方がいいです。
現状が濃いめの色→今回塗りたい色の場合
吸水性に関係なく数度塗り、もしくはコンシーラーかなんかで下地処理した方がよいと思います。

シーラー、又はプライマーとも言いますが、
下地の汚れが表面まで浮き出てこないようにする為の下塗り塗料です。
作業は、普通の水性塗料と同じです。
色は、白です。リフォームなら777というプライマーが 当社のお勧めです。

 

2007年02月15日

このページのトップへ

建装スタッフのブログ
施工レポート:月別情報